ライトミュージック・コンダクター吉田律のRE:TSUTAYAブログ

おすすめの楽曲を基本1回、1曲紹介していくゆるいブログ。(多分脱線する) 試聴や購入の参考にしておくれやす。

【宇多田ヒカル派?】女性ボーカル大特集!! あいみょんは米津になりうるかも。 【椎名林檎派?】 File.19

 

 

愛を伝えたいだとか

愛を伝えたいだとか

  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

 

 

 

少しお久しぶりです

今回は好評企画の手島さんとの対談になります。

テーマは「女性ボーカル」!

最新のものから昔の音楽まで触れているので

幅広い年齢層の人に楽しんでもらえるかなと。

 

 

 

 

 

 

手島将彦(てしま・まさひこ)

 


 

 


鹿児島県出身。出生地は大分県日田市。

 


早稲田大学第一文学部東洋哲学専修卒。

 


ミュージシャンとして数作品発表後、

音楽事務所にて音楽制作、マネジメント・スタッフを経て、専門学校ミューズ音楽院・新人開発室、ミュージック・ビジネス専攻講師を担当。

 

 

 

LOST IN TIMEUK PROJECT)藍坊主(TOY’S FACTORYschool food punishment(EPIC)など多数のアーティスト輩出に関わる。

 


 

 


また2000年~2006年頃まで、

主に渋谷屋根裏でマンスリー・ライブイベント

「WONDER MISSILE」を開催。

 


 

上記のミューズ音楽院関連のバンド以外に、

観客5~6人時代の10-FEET凛として時雨

avengers in sci-fi野狐禅

竹原ピストル)、などが出演。

 


 

 


 2016年に『なぜアーティストは生きづらいのか?』を本田秀夫氏との共著で発表。

アマゾン音楽一般カテゴリで1位獲得。

 


保育士資格、

産業カウンセラー資格保持者でもある。

  

 

なぜアーティストは生きづらいのか? 個性的すぎる才能の活かし方

なぜアーティストは生きづらいのか? 個性的すぎる才能の活かし方

 

 

 

 

 

 

 

 


手島将彦(以下手島)

前回が「ずっと真夜中でいいのに。」だったので

その流れで女性ボーカルについてなにか

話してみても面白いかな、と思ったんですけど。

 

 

 前回記事↓↓

retsutaya.hatenadiary.jp

 

 

 

 

 

www.youtube.com

 

 

吉田律(以下律) 女性のアーティストとか、

女性ボーカルのバンドとか、

ガールズバンド、とかですね。

 

 

 

 

 

手島 吉田君の世代だと誰とかになるんですか?

 

 

 

律  僕の世代で、最初に

カリスマ的な存在になったのはYUIですね。

 

 

 

手島 なるほど。

YUIは2004年デビューなんですね。

 

 

 

律 今でも多数のフォロワーというかYUIの血を継いでいる感じの人っていますしね。

「ずとまよ」もそういう雰囲気ありますし

派閥が違ってても血は継いでいるよなって。

 

 

 手島 YUIはちょっと影があるじゃないですか。そういうところが

時代的にも良かったんですかね。暗いというよりは、儚い、というか。

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

律  そうですね。1stアルバムなんかは

特にそういう感じですね。

 

 

手島 本人のアイドル性みたいなものも、

YUI自身がどのくらい望んでいたのかはともかくとして、

映画主演&タイアップとかで出てきて、アイドル的人気も獲得しましたからね。

その次期だと、あとは誰ですか?

 

 

www.youtube.com

 

 

律 チャットモンチーですかね~。

 

 

 

手島 えーと、

メジャーデビューが2005年ですね。

チャットモンチーは、

声はああいう声ですけど、

サウンドがちゃんとロックというか

オルタナしてて個人的にも好きでしたね。

 


チャットモンチーをはじめて聴いた時に、

「ああ、日本の女性バンドでもこういう

サウンドの質感をやる人が出てきたんだな」と

思ったんですよね。


僕の世代だと、いや、僕よりもう少し

若い人くらいだとJUDY AND MARYなんですよ。

で、その音って、変わったことはしつつも、

あんまりオルタナって感じはしないんですよね。

 

 

 

律 基本的には

パワーポップって感じですもんね。

 

 

www.youtube.com

 

 

手島 そうそう。ノイジーなこととか

実験的なことやってても、

メジャーな人がそれをやってるって感じの音。

 

 

 

律 元気一杯!みたいな。

僕がJUDY AND MARYで好きなのは

「RADIO」とか「DAYDREAM」とか、やはり

ちょっと影というか闇の感じる曲の方ですね。

 

 

www.youtube.com

 

 

手島 まあ、もともと後ろで支えている人は

キャリアの豊富な人たちでしたからね。なので

「ずとまよ」じゃないけど、最初からそれなりにちゃんとしてる感はありますね。

 


で、僕の世代だと、女性ボーカルの

バンドというのを意識して聴いたのだと

レベッカが最初ですかね。

 

www.youtube.com

 

 

 

 

律 あと、リンドバーグとかですか?

 

www.youtube.com

 

 

 

手島 僕は、リンドバーグはあんまり(苦笑)。

世代的にはそこですけどね。バンドブームみたいなものの流れのひとつとして出てきてた面があると

思うんですけど、個人的にはそういうのに

飽きてきてたので。

 

 

 

律 ですよね。笑

好きだったら多分仲良くなってないです。笑

 

えーと、

JUDY AND MARYが1993年メジャーデビュー、リンドバーグが1989年デビューだから、

ちょっと先なんですね。

 

 

 

手島 そうですね。

で、チャットモンチーの話に戻るけど、

ポップでありつつ

オルタナ感あるのがよかったなあ、と。

 

 

 

律 僕もそう思います。パッと思い浮かべても

シングル曲にもどこかメジャー的でないと言うか、そういう音でくるか!みたいな

オルタナな部分がありますね。特にベース。

 

www.youtube.com

 

 

 

手島 『シャングリラ』とかだってサビが

ちょっと変ですからね。(※5/4拍子が挟まる)

 

www.youtube.com

 

 

 

で、あとやっぱり、その前だと椎名林檎ですか。

1998年デビューですけど、そのときにはもう僕は30手前の歳なんで、若い感性で聴いていなくて、「お? 新宿とか言ってなんか隙間をついてきたな」みたいにも感じてましたね(笑)。

 


椎名林檎はどうなんです? 

YUIよかちょっと前ですけど。

 

 

 

律 そこまでいくと小学生くらいなんですよ。

いとこの彼女とかとカラオケ行ったら『歌舞伎町の女王』とか入れてたんで、年上のねーちゃんがカラオケで歌うアーティストみたいな。

 

www.youtube.com

 

 

 

 

 

手島 同時期の宇多田ヒカルはどうなんですか?

 

 

 

律 宇多田ヒカルは小学生にも届くんですよ(笑)

 

www.youtube.com

 

 

 

手島 まあ、椎名林檎は歌詞の内容とかMVとかも

小学生にはちょっと、、、。

 

 

 

律 ふつうにおっぱい出てたりしますからね。

親的にも「見ちゃダメです!」みたいな。

 

 


あ、ちょっと話し逸れますけどこないだ

アリアナ・グランデ聴いて

宇多田ヒカルじゃん」とか思ったんですよ。

それで改めて宇多田ヒカルスゲーなって。

 

www.youtube.com

 


歌い方が似てるとかもありますけどそれ以前に

"海外の一流シンガーと聴き比べて

見劣りしないレベル"ってことに。

 

 

 

 

手島

日本人の女性シンガーの声って、日本で

はソウルフルだとかパワフルだとか言われても、

欧米の水準にもってくとパワー不足、

みたいなところはありますよね。

 


もとの排気量がちがうというか。

そうすると、宇多田ヒカル的な声とか歌唱の方が

むしろ海外にも届くような気もしますね。

 

 

 

 


律 最近iTunes チャートでも

海外できちんと売れてますもんね。

 

 

 

手島 そういうことでいうとperfumeとか。

perfumeってどうだったんですか?

 

 

 

律 出た当時かなり好きでしたね。

「俺、先に目を付けたぞ!」と

声を大にして言いたい。笑

ポリリズム』が出たとき、カウントダウン

ジャパンにいったんですよ。07/08ですね。

 


そのときは「ロックフェスに

アイドルが出るなんて前代未聞!」

みたいな感じだったんです。

今や珍しくもなんともないですが。

最前とって観て、

高校生の頃はガッツリファンでしたね。

 

 

www.youtube.com

 

 

 

 

 

手島 perfumeは最初の頃からおじさんファンを捕まえたかんじもありましたね。YMO世代の人とか。

サウンド的にあの時代だと

ちょっと懐かしさと新鮮さもあって。

 

 

www.youtube.com

 

 


今の時代、

おじさん・おばさんの支援は結構大きいですよ。

人口も多くてお金も持ってるから。そのパターンでいくと最近だとグリム・スパンキーかなあ。


あれもおじさんロック・ファンが

「若いのにこういう古いロックにリスペクト

あって良いねえ」みたいな。

 

 

www.youtube.com

 

 

 

 

 

律 ジャニス(・ジョプリン)が好きとかとか

若いのにわかってるねぇ!みたいな感じですね。

 

www.youtube.com

 

 


手島

最近だと女性ボーカルはどのへんですか?

 


律 売れるだろうなと思うのが

こないだのずとまよ、

あとヨルシカ、そして美波です。

 

 

 

www.youtube.com

 

 


手島 美波。聴いてみますか。

 


律 僕、さっと聴いたときはあんまり好きじゃなかったですけどね。「ビジネス鬱」だー!と思って。

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

律 これもYUIの血を継いでますよね。

この曲は聴いてないやつですね。

これは良いかも。

 


手島 なるほど。これも今時な曲ではあると

思います。あとどんな曲があるのかな。

 


律 僕が聴いて

ビジネス鬱だと思ったやつ行きますか。

  

 

www.youtube.com

 

 

 


手島

あ、これは、コメントにこまるやつだ(笑)

 


「命に嫌われている」と同じパターンですね笑

 

 

 

 


手島 なんですかね。どんなジャンルでも後からやる人は先行してやってた人のよりも過剰になってく、みたいなところがありますけど、これなんかもそういうところをかんじますね。

 

 

 

律 YUIとか椎名林檎のダークサイドが

メンヘラ要素過剰になってく感じですね。

リスカとか自傷的なほうに。

 

 

 

 


手島 ビジネス鬱、みたいな話で思い出したんですけど、最近欅坂46のセンターの平手さんがちょっと話題になってて。今年くらいからメンタルやばいんじゃないか説みたいなのが言われるようになってて、そして最近テレビでのパフォーマンスに対してファンがざわついているという。

 


律 ちょっと観てみましょうか。

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

手島 これだけじゃなくて、これまでにいろいろ物議をかもすことがあったようなんですけど、

「メンタルがやばいんじゃないか?」という説と

同時に「これも演出なんじゃね?」みたいなのも

同時にあって。

 


律 なるほど。

 


手島 で、僕としては、どっちであれ、鬱とかそういうメンタルなことをビジネスにしているところが、ちょっともやもやするんですよ。彼女が本当に病んでいるのならば休まなきゃいけないし、これが演出なんだとすると、まさしく「ビジネス鬱」なわけで。その両方ということも考えれますけど。

どっちにしても、もやもやするんです。

 


律 タチ悪いですね~。でも、そもそもAKB関係ってそういうものじゃないですか(笑)。過呼吸で倒れました、とか。握手会にノコギリ持った男が現れて、メンバー切りつけた傷害事件までその全てをドキュメンタリー映画の見どころにしてたりしてカネに変換してきたわけですから。

 


でも確かに、本当に病んでるにしろ、

計算した演出や戦略だとしても、

どっちにしろ嫌な感じですね。

 

 

 

手島 しかも、欅坂とかは歌詞が、反抗とかそういうのを計算して打ち出していて、売れる、ウケるならなんでもやるというところが、すごいともいえるけど、なんでもかんでも消費=カネの対象にしてしまうのはどうもしっくりこないですね。

病気やヒトの心の成長も全てカネにしてしまう。

 

 

 

律 まあ、欅坂はビジネスとしてうまいっちゃうまいんですよね。今までそういうアイドルグループに興味なかった人まで巻き込むことに成功してるし、「これは好き」みたいな人もけっこういますからね。

 


手島 この人たちの歌詞が好き、共感する

とかいう中高生が多いっていうのは、

おじさんとしては、、、。

 

 

 

律 ちょっと困ったな、と(笑)。

僕もそう思いますけど。

その歌詞を歌っている女子たちは

"誰の指示で動かされているか?"とか

 

"個性を主張している歌詞"を

"歌わされている"彼女たちは46人

"同じような格好して

同じ振り付けで踊っている"んだぞ?とか

 

その矛盾について少し考えてみたら?と

思わなくもないですね。笑

 

 

 

手島 ほんとそれ。で、戦略、みたいな話で言うと、最近西野カナがちょっと炎上したんですよ。歌詞の書き方を明かす、みたいな企画で。

 


めちゃくちゃマーケティングして作ってる、

みたいなこと言ったら、「え?なんだよそれ」

みたいになっちゃって。

 

 

 

律 西野カナの曲って、等身大で

「カナやんウチらの気持ちよく解ってる~!」

みたいに思ってたのに

それが「マーケティングに基づく」"計算"と

いわれちゃうとガッカリ、みたいな感じですか。

 

 

www.youtube.com

 

まあ西野さんはおそらく億万長者ですからね。笑

 

毎日満員電車乗ってみたいな花金だけを目指す

みたいな生活送ってるわけないですから。

 

 

 

手島 僕としては、そういう作り方はありだと思うし、ただ、それ、言う必要あったのかな?

「言わなきゃ良かったのに」という感じですね。


で、それはそれとして、戦略を立てて作ってくというのは昔からあるわけで、こないだとりあげた

「ずとまよ」なんかもそうなんだろうし。 

 

そういうのって

「そうやって戦略的なのかっこいい~!」

みたいなのって若い人にはあるんですかね?

 

 

 

 

律 いや~、そもそも1ミリも

戦略とかに気づいていないと思いますよ。笑。

テレビとか観てて「あ、やらせだな」とか思うこと多いんですけど、

ツイッター見ると「この展開やば!」とか

純粋に盛り上がってたりするわけですよ。

 

 

 

手島 演じていることを分かった上で楽しむ、

というのなら良いんでしょうけどね。

 

 

 

律  「上手く出来てれば脚本、下手ならやらせ」

だと思っているので。作る側の方も、嘘付くなら

ちゃんと上手く騙せとも思いますね。

 

 

 

手島 そうなんだ(笑)。そこで、あれですよ。

ポルカドットスティングレイですよ。

この人は戦略的にやってます、と公言してるんですけど、そういうのはどうなんでしょうね。

 

 


律 ポルカ好きな人とかの多くはインタビューとか読んでないと思いますよ。

雫ちゃんかわいいー!、ギターのひと上手~!

以上!終わり!みたいな(笑)。

だから、この人が何考えてるとか、そういうのは

ほとんどの人にとってどうでも良いんですよ。

 

 

 

手島 なるほどねえ、、。ポルカってスタートダッシュ凄かったですよね。今が売れてないわけじゃないけど、最初出てきた時の注目のされ方とかブレイクの仕方とかは凄くて、その後はそこまでの勢いは感じないかなあ。今だと、いつのまに、あいみょんが抜きさっていった、みたいな(笑)

 

 

www.youtube.com

 

 

 

 

律 完全に抜きさっていきましたね(笑)

あいみょんの爆発力とカリスマ性は

今もっとも女版、

米津玄師に近いポジションにありますね。

この曲に関しても米津さんの

Flamingoに似たものを感じます。

こっちのほうが先だけど。

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

ポルカ

結局当初の「テレキャスター・ストライプ」が

一番良かったんですよ。ズバリ言っちゃうと

超える曲がない。(笑)。解りやすい

椎名林檎を求めてる人にちょうど良かった。

 

 

www.youtube.com

 

 

手島 言っちゃった。(笑 )

ちょっと濁して表現してたのに。笑 

椎名林檎はちょっと濃いというか、

人によってはアレルギー反応出ちゃうけど、

そこまでではないくらいの椎名林檎

 

 

 

律 あと、背伸びして

大人ぶりたい子どもにちょうど良い感じ。

そういうのを叶えてくれる雰囲気。

 

 

www.youtube.com

 

 

手島 ああ、で、あれだ。

オトナの方向が「ウェイ系」ではなくて、、。

 


律 ちょっとこじらせてる方向ですね(笑)

自己陶酔系。「こんな私。。」みたいな

厨二病ですね。

 


手島 そういうことでいうと、あいみょんの方が

ちょうど良いかんじなのかもしれないですね。

 


律 そうですね。酔いやすいでしょうね。で、

まだちょっと「人と違うのを聴いている特別感」みたいなのもありますからね。

 

 

 

 

 

 

 

PS.吉田律、歌ってみた動画を

YouTubeにアップしてしています。

今回はTK from 凛として時雨のカバー。

聴いてみてください。


unravel/吉田律 歌ってみた #5

 

 

 

 

 

 

そして 

次回に続いちゃったりするのです!

 ↓↓↓ 

retsutaya.hatenadiary.jp

 

 

 

 吉田律 YouTubeのURL→

https://m.youtube.com/user/munemasayoshida/videos

 

吉田律Twitterアカウント💫 →

https://mobile.twitter.com/inochinomelody

 

吉田律の公式🌟LINE !→

https://line.me/R/ti/p/%40ijk8082k