ライトミュージック・コンダクター吉田律のRE:TSUTAYAブログ

おすすめの楽曲を基本1回、1曲紹介していくゆるいブログ。(多分脱線する) 試聴や購入の参考にしておくれやす。

【結論】女性ボーカル大特集その2【チャットモンチーが1番いい。】 File.20

 

 

BEST MONCHY 1 -Listening-(完全生産限定盤)

BEST MONCHY 1 -Listening-(完全生産限定盤)

 

 

 

 

 

 

 

お久しぶりです。

随分と時間が空きました。

 

生きるのってむずかしいから

しゃーない!

 

 

 

しかし

これで祝20本目の記事!!

もちろん手島将彦さんとの対談になります。

 

 

祝え祝えー!!そして読んでくれてありがとう。

反響があるからこそ書いていられるのです。

 

 

 

 

 

 

 

前回記事↓↓

 

retsutaya.hatenadiary.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここからどうぞ!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

 

手島将彦(以下手島) 

ところで、いきものがかかりの吉岡さんのソロ、

カバーアルバムがちょっと僕的には残念で。

 

吉田律(以下律)そうなんですか? 

ちょっと聴いてみましょう。

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

律 あー、これは

「歌のお姉さん」って感じだー。魂抜けてる。

 

 

手島 中島みゆきの『糸』なんて、

こんなに漂白しちゃっていいのかって。

 

 

律 中島みゆきに1番肝心なソウルが全くない。僕、いきものがかり好きだったんですけど、途中から何も感じない音楽になっちゃったんですよね。なんかもう、何も言いたいことがないんだな、というか。

 

 

手島 これまでにあげてきた人と比べて、

あえて言うと「なんにも害のない音楽」

という感じもしますね。

 

 

律 めちゃくちゃ偏見込みで言うと

「融通の利かない中学の先生」とかが好きそう。

あと「クレヨンしんちゃん子供に見せない親」

とかが推奨しそう(笑)

 

でも、これあんまりDislikeマークがついてないってことは、ファンからしたら「聖恵ちゃんが歌えばなんでも良い」みたいな感じなんでしょうね。

 

 

手島 それにしても、もうちょっとやりようが

あったんじゃないか?って気がしますね。

 

律 だってソロですからね。

もっとソロでやるなりの意義があるものを

やってほしかったですね。

 

手島 これしかできないんだろうなあ。

 

 

 

 

律 この人音大行ってるんですよね。

 

手島 あ、そうなんですか?

 

律 僕も音大行ってたんで少し分かるんですけど

そこから歌のお姉さん的になっちゃうところは

あるのかもしれないですね。

 

手島 なるほどねえ。

 

律 カバーアルバムなら同じ時期に出た声優、

豊崎愛生さんのAT livingのほうがやりたいこと存分にやってて気持ちよいですね。豊崎さんの音楽愛が伝わってくる。

 

www.youtube.com

 

 

 

手島 まあ、吉岡聖恵さんは、こういうのが個性なんでしょうね。たぶん、いきものがかりの曲をやるのが一番あってるんだと思います。

あと、声優さんの名前が上がって思い出しましたけど2000年代である種の人たちのカリスマになったのが水樹奈々さんですかね。

 

 

律 そうですね。

東京ドームやっちゃえる人ですからねー。

 

 

www.youtube.com

 

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

 

手島 最近だとと誰に注目してます?

 

律 そうですね、やはりこれまでに取り上げた、

ずとまよ、ヨルシカ、美波の3つは

やはり注目してます。

 

www.youtube.com

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

手島 その辺はひとつのカテゴリをつくってますね。あいみょんとかってどうなんですか?

 

律 あれはある意味「SHISHAMO」なんじゃないかと思ってるんですよ。どちらも大衆的な若い子に受けていて、SHISHAMOは健全で、あいみょんがちょっとダークっていうかそういう感じで。

色違いバージョンみたいな。

 

www.youtube.com

 

 

www.youtube.com

 

 

手島 SHISHAMOって基本的には健全なオーラ出てますもんね。あいみょんはちょっと不健康さが感じられて、それにヤンキー感とか不健全さが更に増すとyonigeみたいになる。

 

 

www.youtube.com

 

 

 

律 スパッと世の中を切り裂いてくれるようなシンガーが出てきてくれると良いなと思いますね。

 

手島 昔だったら宇多田ヒカルとか椎名林檎がそんな感じだったかもしれないですね。それ以降だとだれなんだろう。男性でバンドだったら、

バンプなんでしょうけど。

 

 

律 バンプの登場で「スパッ!」と

世界が切られましたからね。

 

手島 今だと、

米津がそうなりつつありますかね。

 

律 女性版の米津とかamazarashiみたいな人が出てきたら面白いですよね。底無しに暗い歌詞も書けて突き抜けている存在。

 

手島 どちらも音楽だけでなく絵とかそういうのも含めて総合的にアーティスト、という存在でもありますよね。

 

律 そういう女性アーティストが出てきたら

面白いですよね。

 

手島 2000年代だと、、なんだかんだ言って宇多田ヒカル椎名林檎がでかすぎますかね。

あと、2000年代はある意味「アイドル」が

取って代わったともいえるのかなあ。

 

律 現代って「リアル」に「偶像」が取って代わっちゃった時代なのかも。もう今は偶像だらけフェイクだらけですね。

 

手島 あと、結局、女性が男性的なものに搾取されてる構造が、なにやっても出てきますよね。どんな「個性的なアイドル」でも、全部とは言わないけれど、そのほとんどは男性的なシステムが「鵜飼」みたいに大人数の女の子を集めて魚を捕ってこさせている構図になってしまってる場合が多いですから、個人的にあんまり気持ちよくはないです。

 

律 その歪みがどちらにもでているというか。

その分アイドルはファンを下に見て優越感を得る。ブルーハーツトレイントレインの歌詞。

「弱いものがさらに弱いものを叩く」的な構図。

 

そういう中で僕としてはきのこ帝国に期待してたんですよね。男媚びしたりせず、強い言葉と表現で。ただ、最近ちょっと安定しちゃったかな。

 

 

www.youtube.com

 

 

手島 あと、存在的にオルタナ過ぎましたかね(笑)かっこいいし、そういうのがもっと売れてほしいんですけど、大衆的と言うかメジャーなかんじではないから。

 

 

www.youtube.com

 

 

 

律 amazarashiは

結構メジャーな感じに行けましたけどね。

 

www.youtube.com

 

手島 でも、一般の人からしたら米津みたいにみんな知ってるみたいなところまでは行けてないですよね。

 

律 まあたしかに。武道館とかまでやれてるのはすごいけど、フツーのひとにまではまだ届いていないですね。でも1枚目から考えるとここまで規模が大きくなるとは思ってなかったです。

 

 

www.youtube.com

 

 

手島 SUCHMOSとかWANIMAももっと行くかと思ったら、僕としては思ったより行ってないんですよね。もちろんどっちもすごく売れてるんですけど、そこでバサッとカルチャーを変えるほどにはなってない。

 

女性アーティスト、ってわざわざ分けて考える必要もないんでしょうけどそこをあえて考えるとして、もうそろそろ誰か出てくるのかなあ。意外とあいみょんとかが大バケするのかな。

 

 

www.youtube.com

 

 

www.youtube.com

 

 

 

律 そういえば

aikoさんの話がまだ出てないですね。

 

手島 あ、そうだった。あの人も2000年代を象徴する人のひとりですね。好きな人は大好きですよね。僕はそれほどでもないので、あんまり語ることがない(笑)

 

律 (笑)

 

手島 あとまあ、業界的な別の話題ですけど、女性のプロデューサーとかほとんどいないのも問題だよなあと思います。レコード会社も女性社員は多いけど、役職が上に行くほどいなくなる。だから基本的に男性目線で作られることが多くなる。

 

どうしても「おっさん」がOKと言うものばかりが世の中に出てきやすくなってしまうんじゃないかなという気がします。

 

 

律 なるほど。そうなると

アイドル的な売りかたになりがち。

 

 

手島 そうですね。で、これは男も女も関係ないんですけど、ずとまよにしても「本人が出てこない」という、まあバーチャルなののおもしろさというか、可能性は、年齢・容姿・場合によっては性も関係なくなるかもしれないってとこかなとも思うんですよ。40歳過ぎて大ブレイク!みたいなのもこれから出やすくなるかもしれない。

 

スーザン・ボイルみたいな人が

いっぱい出てくるかも。

 

www.youtube.com

 

手島 あの人はあの見た目とのギャップの良さもあったんでしょうけど。 たまに65歳過ぎたおばあちゃんがSNS上で若い女性を装って人気を得てる、みたいな話って聴きますけど、そういうことができるわけで。まあ、それはちょっと冗談みたいな話でもあるけれど。

 

今までは「年齢容姿は関係ないよね」とか言いつつも、やっぱり気にしてたじゃないですか。でもそこがバーチャルでOKとなると、本当に関係なくなれるかもしれないですから。

 

 

律 そういうことでいくと、もっと「声フェチ」に特化したひとが出てきても面白いかもしれないですね。もっとすごく特殊な発声の人とか。

 

 

手島 ミュージシャン、アーティストがYouTuber化してく感じもありますね。歌ってみた界隈とかもそういう要素ありますよね。やたら早弾きの動画をアップして人気になるとか。音楽的かどうかということよりも「そんな高いキーで歌えるんだ、すげー!」とか「うわー、早い!」とか。

そういう感じでウケる。

 

 

律 音楽というよりは世界ビックリ人間みたいな。

ギネス記録挑戦とか一発芸に近い。

 

 

(bpm=テンポ999で弾くギタリスト)

www.youtube.com

 

 

 

手島 話戻しますけど、aikoはどうだったんですか? 僕はさっきも言った通り、なぜかあまり興味がなくて、ほとんど語れないんですよ。

 

 

律 僕は、最初『アンドロメダ

そして『キラキラ』とかで知って、

というか学校で流行ってて。

その後の『スター』って曲を聴いた時に

「なんて美しい曲なんだ!」と感動しまして。

それからけっこう好きでした。でも、アルバムを全部聴いてます、というほどではないですけど。

 

 

www.youtube.com

 

 

手島 そうかー。僕、今ふと考えてみて、2000年以降個人的に一番聴いた女性ボーカルものはチャットモンチーだったかも。僕にとって椎名林檎とか宇多田ヒカルとかは、実は「すごいのはわかるので、仕方がないから聴く、聴いとかなきゃならないから」みたいなとこがあったんですよ。

 

 

 

律 僕も多分チャットモンチーでした。

結論、チャットモンチーが一番良い(笑)

 

 

www.youtube.com

 

 

手島 こうやって話すまで意識してなかった。

気づかなかった(笑)

 

 

www.youtube.com

 

 

律 あと、いいな、と思うのが短命に終わったり。School food punishmentとか。あといいなと思うとこから路線変わってってしまったりすることが女性ものだとよくあるので。

ハルカトミユキとか。

 

www.youtube.com

 

 

www.youtube.com

 

 

手島 安定した環境を築くのが難しいことが

原因かもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 吉田律 YouTubeのURL→

https://m.youtube.com/user/munemasayoshida/videos

 

吉田律Twitterアカウント💫 →

https://mobile.twitter.com/inochinomelody

 

吉田律の公式🌟LINE !→

https://line.me/R/ti/p/%40ijk8082k